オリジナルTシャツのテイクツー

激安Tシャツオリジナル

オリジナルTシャツを激安で作るには

学園祭や体育祭などイベント向けのコットンTシャツやドライTシャツの一覧です。お安くオリジナルTシャツを作るなら、先ずはTシャツ選びから!

お安い値段のおすすめTシャツ

オリジナルTシャツを激安で作るには

スクリーンプリント編

少しでもオリジナルTシャツの値段を安くしたいですよね?
先ずプリント方法をシルクスクリーン印刷で説明します。

その前にシルクスクリーン印刷とは

シルクスクリーン印刷の説明

プリント色数ごとに版が必要になり、プリント色数が2色だと2版、必要になります。 (版を作ることを製版と言います。)おおよそですが、 製版の値段は1版あたり6,000円~10,000円です。

上記イラストで例えると
胸2色 = 2版
2版×(6,000円~10,000円)=で版の値段は
12,000円~20,000円になります。

お安い値段でオリジナルTシャツを作るには

1.プリント色数を減らすと値段が安くなります。

上記イラストの例でプリント色数が2色のところを1色にすれば、版数が2版から1版になり、版・プリントともに値段がお安くなります。

胸1色 = 1版
1版×(6,000円~10,000円)=で版の値段は
6,000円~10,000円になります。

他にも↓

2.プリント箇所を減らす。

プリント箇所数を減らすと、版・プリントの値段がお安くなります。

例えばプリント箇所が左胸と背中の合計2箇所(2版)の場合、左胸1箇所を減らし、背中の1箇所(1版)にする。 プリント箇所が左胸と背中の合計2箇所

プリント箇所を背中1箇所にする

プリント箇所数を減らすことでプリント色(版)数も減り、版・プリントの値段がお安くなります。

上記を表にまとめました。オリジナルTシャツをスクリーン印刷で安く作る度

プリント箇所数 プリント箇所 色数 プリントサイズ プリント枚数 お安い度
1箇所 胸または背中 1色 30×30cm 10枚以上
2箇所 左胸と背中 1色 左胸10×10cm 背中30×30cm 10枚以上
1箇所 胸または背中 2色 30×30cm 10枚以上

上記以外で版代を安くする方法があります。↓

3.使い捨て版を使用

版代をお安くするため追加プリント不可能な1回限りの使い捨て版を使用したプリントです。

通常の版よりお安いのですが、版自体の耐久性が弱いため、プリント枚数は50枚が限界で、細かく小さい柄は不向なのです。でもですね、 地域の催事や文化祭など毎年同じデザインが不要な1回限りのイベントなどにおすすめです。

4.参考プリント価格(本体Tシャツ込み)

1枚あたりの単価(Tシャツ込み)(税込)
枚数 1色1ヶ所 1色2ヶ所
20枚 1,177円 1,738円
30枚 1,034円 1,463円
40枚 924円 1,265円
  • プリント箇所数が1箇所増減することで、どの程度オリジナルティーシャツの値段が変わるかの比較表です。
  • 上記の参考プリント価格を見ると、スクリーン印刷は、色数やプリント箇所が少なく、プリント枚数が多い方が1枚あたりの単価がお安くなります。
  • 上記の価格は、20枚・30枚・40枚、プリントした際の1枚あたりTシャツ込みの単価(税込)です。
  • 1色1箇所のプリントサイズは、30×30cmでプリント箇所は、胸や背中
  • 1色2箇所のプリントサイズは、10×10cm(左胸など)と30×30cm(背中など)
  • プリントするスクリーン版(製版)は、耐久性のある通常版です。

Tシャツとプリントのコミコミ価格

上記の価格には、Tシャツ本体+版代+プリント代を含みます。プリント方法はスクリーン印刷で単色べた柄。

上記は、あくまで概算の参考価格です。プリント内容により価格が変動しますので予めご了承お願いします。

転写プリントでオリジナルTシャツをお安く作る

スクリーン印刷は、プリント枚数が多くプリント色数が少ない程、1枚あたりの単価(値段)は、お安くなるのですが、プリント枚数が小ロット(少ない)だと単価は高くなりますし、プリント色数が多い、例えばフルカラーなどの写真だと印刷が難しく お客様のオリジナルTシャツのデザインの再現性が困難になります。

そこでオススメなのが、製版が不要なDTF転写プリントです。

DTFとは、
Direct To Filmの略でCMYKインクでの印刷後に、画像部分のみを全て白インクで印刷し、 白インク部に接着糊(パウダー)を塗り転写紙を作ります。

転写プリント編

お安くできるDTF転写プリントを順追って説明しますね。

オリジナルTシャツ猫のデザイン

上記はテイクツーで制作したバスケットボールと猫さんオリジナルTシャツのデザインです。 写真は、フルカラーのデザインなのでスクリーン印刷は難しく、予算も高くなるので 転写プリントがオススメです。

しかもお安くプリントできるのです。

転写プリントでオリジナルTシャツを激安に作る

従来の転写プリントで、上記のバスケットと猫さんのデザインをプリントするには、バインダー(接着糊)のために製版(スクリーン版)が必要でした。 1版12,000円~。

バインダー(接着糊)のためにスクリーン版

5910ドライポロシャツ
  • 上記はスクリーン版のイメージ画像で、白い部分を透過して転写紙にバインダー(接着糊)が付きます。
  • 1版12,000円~の生地色フチ転写CXまたは、
  • 2版必要な16,000円~の透明ふち転写紙Cの予算が必要でした。

1.製版不要の転写プリント

その製版が不要になった新しい転写プリントの印刷機(DTF)が昨今は主流になり以下は転写機(DTF)で猫バスを印刷している画像の一部です。

転写プリントDTF
  • 1.インクジェット方式でオリジナルTシャツのプリントデザイン(猫バス)をフルカラー(CMYK)インクを印刷
  • 2.デザイン部分のみを全て網羅する形で白インクを印刷。

2.パウダー状の接着糊で製版が不要

転写プリントDTF 接着
  • 3.白インクが付着されたデザイン部分にパウダー状の接着糊を塗布した後、 融解 → 硬化・乾燥 → 転写シート
  • (パウダー(接着糊)部は中央部下の白い筋状部)

3.転写シートを高圧プレス

転写プレス

glimmerTシャツに転写プレス機で高圧プレス

4.出来上がり

転写プレス

上記のデザインデータのような猫さんとバスケットのオリジナルTシャツの完成

転写CXと転写DTFのプリント値段比較

従来の転写CXと新しいDTFのプリント値段比較表

オリジナルTシャツを従来の転写CX(生地色、色フチ転写)と新しいDTF(ふちなしDirect To Film)で作成した時の プリント箇所やプリントサイズごとのプリント値段の比較表です。

1枚あたりの単価(Tシャツ込み)(税込)

プリント方法 仕上がりイメージ 製版数 プリント色数 プリント箇所 プリントサイズ プリント枚数 1枚あたりの単価
従来
生地色フチ転写CX
生地色フチ転写CX 1版 フルカラー
写真など4色以上
胸または
背中1箇所
28×30cm 10枚 4,235円
20枚 3,080円
30枚 2,728円
左胸:1箇所
背中:1箇所
計2箇所
左胸:8×8cm
背中:28×30cm
10枚 4,378円
20枚 3,190円
30枚 2,882円
DTF DTF転写プレス 0版 フルカラー
写真など4色以上
胸または
背中1箇所
28×30cm 10枚 3,300円
20枚 2,926円
30枚 2,640円
左胸:1箇所
背中:1箇所
計2箇所
左胸:8×8cm
背中:28×30cm
10枚 3,465円
20枚 3,080円
30枚 2,816円
  • 値段の比較表を見ると10枚の小ロット数(赤色の下線青色の下線部)だと1枚あたりの単価(値段)がお安いですね。
  • 上記の値段は、10枚・20枚・30枚、転写プリントした際の1枚あたりTシャツ込みの単価(税込)です。
  • 1箇所のプリントサイズは、28×30cmでプリント箇所は、胸や背中
  • 2箇所のプリントサイズは、8×8cm(左胸など)と28×30cm(背中など)
  • 上記値段のオリジナルTシャツ デザインの入稿方法は完全データです。
  • 完全データとは、カラーモードはCMYKで画像解像度はプリント実寸で350dpi以上、文字テキストのアウトライン化されているデータです。
  • アプリだとPhotoShopやIllustratorが主なアプリです。
  • 完全データでなければ別途で画像制作費が加算される場合がございます。

上記の価格には、Tシャツ本体+転写紙+プレス代を含みます。プリント方法はスクリーン印刷で単色べた柄。

上記は、あくまで概算の参考価格です。プリント内容により価格が変動しますので予めご了承お願いします。

オリジナルTシャツの作成を承ります

イベントスタッフ用にロゴ入れプリントや名入れ刺繍などオリジナルTシャツ制作を承ります。無地Tシャツ通販は、最短、翌日出荷可。サポート電話072-261-0069 受付10時~19時迄

商品カテゴリー

TOP